「中性脂肪」とは何か

「中性脂肪」は最近、テレビのコマーシャル等でとりあげられ、ある程度聞き慣れた言葉であると思います。検診で中性脂肪に関して指摘されたことがあるという方も少なくないのではないでしょうか。しかし、その詳しい正体は意外と知られていません。そもそも中性脂肪とは、食事によって摂取されたり、肝臓でつくられて体内に蓄積し、エネルギーとなる脂質のことです。体を動かすエネルギーとなったり体温を一定に保つ役割がありますが、増えすぎてしまうと悪玉コレステロールが増えやすくなり動脈硬化を引き起こす原因になります。予防するためには、毎日バランスのよい食事を心がけることが第一条件であり、過度なアルコール摂取と喫煙を控えること、そして適度な運動をすることも大切です。また、精神的ストレスを感じると中性脂肪値を上昇させるとも言われています。毎日、口にするものが私たちのからだをつくっているということを忘れてはいけません。