中性脂肪があることのデメリット

中性脂肪はエネルギー源の一つであると同時に肥満の元でもあります。偏った食生活や運動不足で増えてしまうと健康にも悪影響を及ぼします。血液中に中性脂肪が増加すると動脈硬化を促進することになります。中性脂肪は食べたものの影響受けやすいので検査の前は何も食べないのが普通です。また高すぎだけでなく低すぎも病気の可能性があるので気になる人は検査を受けるようにしましょう。