中性脂肪が高いと危険

中性脂肪が高いと何がいけないかと言うといわゆる成人病にかかりやすいということです。代表的なものが脳卒中や心筋梗塞などです。中性脂肪が高いと血液がサラサラにならず血液の中にまで脂肪が蓄積されていきます。そのため、血液の流れが阻害され脳や心臓に必要な血液が届かなくなります。そうなると命の危険まであります。