中性脂肪が引き起こす原因について

中性脂肪とは体内にある脂肪の一つであり、他にはコレステロールなどがあります。これらは私達の身体に必要であり、この脂肪がエネルギーの元となっています。この中性脂肪やコレステロールが高くなると、肥満の原因になったり、血液をドロドロにしてしまい、動脈硬化や心臓疾患、高脂血症など様々な病気を引き起こしてしまいます。

「中性脂肪」とは何か

「中性脂肪」は最近、テレビのコマーシャル等でとりあげられ、ある程度聞き慣れた言葉であると思います。検診で中性脂肪に関して指摘されたことがあるという方も少なくないのではないでしょうか。しかし、その詳しい正体は意外と知られていません。そもそも中性脂肪とは、食事によって摂取されたり、肝臓でつくられて体内に蓄積し、エネルギーとなる脂質のことです。体を動かすエネルギーとなったり体温を一定に保つ役割がありますが、増えすぎてしまうと悪玉コレステロールが増えやすくなり動脈硬化を引き起こす原因になります。予防するためには、毎日バランスのよい食事を心がけることが第一条件であり、過度なアルコール摂取と喫煙を控えること、そして適度な運動をすることも大切です。また、精神的ストレスを感じると中性脂肪値を上昇させるとも言われています。毎日、口にするものが私たちのからだをつくっているということを忘れてはいけません。

中性脂肪とコレステロール

1年前の会社での健康診断にて、悪玉コレステロールが高いとの指摘を受け、病院に再検査を受けに行くことになりました。その結果、コレステロールの薬を飲むことになりました。当然、悪玉コレステロールの値は下がりました。 しかし、今度は中性脂肪の値が急上昇しました。今まで、悪玉コレステロールの生成に使われる脂質が中性脂肪の生成に回されたようです。中性脂肪を下げるにはサプリが有効です。中性脂肪サプリメント

中性脂肪があることのデメリット

中性脂肪はエネルギー源の一つであると同時に肥満の元でもあります。偏った食生活や運動不足で増えてしまうと健康にも悪影響を及ぼします。血液中に中性脂肪が増加すると動脈硬化を促進することになります。中性脂肪は食べたものの影響受けやすいので検査の前は何も食べないのが普通です。また高すぎだけでなく低すぎも病気の可能性があるので気になる人は検査を受けるようにしましょう。

中性脂肪の摂り過ぎは危険

私達が食事から摂取する脂肪のほとんどは、中性脂肪です。中性脂肪は、それ自体は有害なものではなく、むしろ人体にとって必要な栄養素の一つです。しかし、摂り過ぎると肝硬変や心筋梗塞の原因となるなど、非常に危険なものでもあります。また、摂り過ぎたからといってすぐには自覚症状が出ない点も中性脂肪の厄介なところです。普段の食生活に気をつけて、過剰に摂取することのないようにしましょう。